車を持っている人は承知だのはずですが自動車税なるものの納税義務があります。

それでこの税金は手放す所有車売却の際に一般的に還付されるお金なのです。

このことはちょっと自分でやると簡単に分かりますがでは一つずつ流れを詳細に案内していきます。

ちなみに説明をするとすれば日本で生産されたクルマのみが対象ではなくアメ車も税が還付される対象になってきます。

当然ですが自動車も当てはまります。

自動車税は自動車を持つ人が支払い義務を負う税金ですが、税額はクルマの排気量の大きさで決定されます。

1リッターより小さいならば29500円、1リッターより上で1.5リッター以下までであれば34500円。

これ以降は500ccごとに5000円増えていきます。

それからこの金額は4月1日の時点で車を所有している人が、以後一年分の税金を払う義務があります。

つまりは前払いということなので、当然ですが車を売却して所有権がなくなった場合などはその分の税額は戻ってくるんです。

この自動車税の場合は前払いで年度内のお金を払いますからその年度内に愛車を売却した場合には入れ替わった所有者が自動車税を負担するということになります。

売却相手が中古車買い取り専門店の場合は売却時に支払いすぎた金額を返してくれます。

つまり所有者でなくなった時以降の税は、新しい所有権を持った人が納付義務を負います。

もしもあなたが10月の間にクルマを買い取ってもらった場合は、11月以降来年3月いっぱいまでの払った税金は返還されます。

というのも、繰り返しになりますが自動車税というのは一年分を前払いしているということによるものです。

まとめると、前所有者は買い取った相手に自動車税を返金してもらうということなのです。

個人間で愛車を手放す際に、意外とこの知識を忘れている方がよくいるのできちんと確認するようにしましょう。

自動車税がクルマを手放すと返ってくるという事実をほとんど知られていない事をいいことにその事実を悪用している悪徳業者もいるのです。

こちら側から税金に関して話を切り出さなければ一切税金のことに説明しないというケースもよく聞きます。

そのため愛車の買取をする場合は、払いすぎたお金が返ってくるのかどうかの確認を忘れないようにしなければなりません。

Copyright © 2002 www.thetenmanbear.com All Rights Reserved.