任意整理という言葉は一般的に債務の整理というふうに呼ばれていて、おのおの債権者に対して支払いを続けることを前置きとした借金を整理していく形のことです。

その流れは、司法書士有資格者とか債務処理経験のある弁護士債権を有する者とあなたの間に入って示談し利息制限法によって利息の再考慮を実行して新たに計算した元金にかかってくる借入金利を削減する方法で36か月ほどの期日をめどに返済する債務の整理の方法です。

この場合はいわゆる裁判所のような公的な機関が関与しないので別の方策と比較しても選択したときにおける不利益が一番少なく、やり取りが債務者にとってそれほど頭の痛い問題になりませんので最初に検討してもらいたい対策になります。

また、債権者が街金に類する大変高額な利子だった場合は、利息制限法という法律が許す貸出金利に追加して渡した利息分については借りたお金の元金に適用できると判断され元金そのものを減らしてしまうことだって可能です。

だから、ヤミ金などのとても高い借入利息を取る業者へ長期間返し続けている例ではある程度の金利分を減らすことができるようなこともありますし、10年以上続けて返済し続けている場合だと元金自体が消化されてしまう可能性もあります。

任意の整理の有利な点についてですが、自己破産とは異なって一部分の借金だけをまとめていくことができますので連帯保証人がいる借入以外について検討する場合やマンションのローン以外で整理をしていく場合等においてでも申請することもできますし、全ての資産を処分してしまうことは求められませんので株式や不動産などの個人資産を持っていて、処分してしまいたくない状況であっても有力な選択肢になる債務整理の手順といえるでしょう。

しかしながら、今後の返済金額と実際に可能な手取り額をかんがみて、ある程度返済の目処が立てられるようであれば任意による整理の処理を進めることが可能ですが、破産申告とは違い返済義務自体がなくなってしまうわけではありませんので借金の金額が多い場合などは、実際問題として任意整理で選択肢を選ぶのは困難になるということがいえるでしょう。

Copyright © 2002 www.thetenmanbear.com All Rights Reserved.